ながしまメンタルクリニック 横浜,精神科,心療内科,港北区,横浜市,カウンセリング,物忘れ外来

ながしまメンタルクリニック

休診/金曜日午後・火曜日・日曜日・祝日(土曜日は9:00~16:00)
〒222-0037 神奈川県横浜市港北区大倉山1-12-18 F・ラ・ポッシュ2階

045-533-0850

Q&A

Q&A

保険は使えますか?また費用はいくらぐらいかかりますか?
各種健康保険使用できます。通常3割負担で初診2,500円前後、再診1,500円前後です。
心理検査等で多少の前後があります。また院外処方のため薬処方の場合薬局で薬代がかかります。
どんなことを相談したらいいのかわかりません。
社会生活やプライベートなどで起こりえるストレス。
ストレスからくる症状は様々です。まずは難しく考えず、気軽に受診していただければと思います。
「こんなこと相談しても」と思うことでも相談するとスッキリするものです。まずは一度ご相談下さい。
カウンセリングを受けられますか?
当院では心理カウンセリングを施行しております。
まず通常の診察を受けて頂き医師が必要性があると判断した場合にカウンセリングをおすすめします。
詳しくはホームページ内「カウンセリング」をご参照下さい。
家族の事を相談したいが・・・?
家族相談も受け付けております。
自費になりますが詳しくはお電話でご相談下さい。
気分が落ち込んでいますが、うつ病でしょうか?
失敗や事故、失恋などにより気分が落ち込んだ経験は誰にでもあるものです。
この様な状態が全て「うつ病」ではありません。
問題なのはこの様な落ち込みに加えて、意欲がなくなったり頭が回らなくなったり
睡眠がとれなくなったりと他の症状が出てきたときです。
この様な様々な症状が長く続く状態は危険信号です。
まずは相談をしていただければと思います。
詳しくはホームページ内「うつ病」を参考にして下さい。
眠れないのでお酒を飲んでしまいます。
よく眠れないとお酒の力を借りる方が多いと思います。
しかしお酒には睡眠効果以上に覚醒作用も強く、夜中に目がぱっちり覚めてしまった経験がある方も多いと思います。
更に不眠が続くとお酒の量が増えてしまったりと、アルコールに依存してしまう事もあります。
不眠の改善にはもちろん生活改善が必要になりますが、それでも眠れない場合は睡眠薬の使用も考えなくてはなりません。
「睡眠薬こそ依存が怖い」と感じる方もいらっしゃると思いますが、
今は依存性の少ない薬もあり、医師の指示通りに内服していただければ問題ありません。
「最近睡眠が・・・・」とお悩みの方は相談して下さい。
詳しくはホームページ内「不眠症」を参考にして下さい。
電車や車に乗るとドキドキするんですが?
よく見られる症状で動悸や呼吸苦(過呼吸など)、汗を大量にかくなど
自律神経の失調症状が特定の場所で起こっていると考えられます。
特に内科的に問題がない場合はパニック障害や不安障害などの可能があります。
お早めに相談して下さい。詳しくはホームページ内「パニック障害」を参考にして下さい。
物忘れがあり気になります。
当院では物忘れ外来として物忘れ、認知症の検査、治療をしております。
画像診断が必要な場合は協力施設にて頭部MRIを施行していただきます。
治療が必要な場合は外来で診察させていただきます。
物忘れが気になる方はお電話で相談して下さい。
漢方薬は使えますか?
当院では西洋薬が中心になりますが、症状やご希望などを聞いた上で漢方薬を使用することも可能です。
漢方薬を希望の方は診察時にご相談ください。
中学生ですが通院できますか?
当院では中学生、高校生など思春期のお子様の診療も可能です。
ただし薬の治療などは保護者の了解が必要です。
そのため、原則保護者同伴の受診となります。また薬だけの治療だけではなく、心理カウンセリングを中心に薬を使用せず治療をする事も可能です。詳しくはお電話にてご相談ください。
pagetop